源氏蛍舞う棚田の番人

収穫も近いのに、朝見回ると
離れた一枚の田圃にミステリーサークル、

数年前なから出始めたイノシンが、ついに
田圃で、泥遊び、電さく間に合わないので
匂い攻撃を試してみるが、
学習能力の高いイノシン、次は、どう出てくるか?
他の田圃に来ないとよいが。
収穫まで気が抜けない。

水は、あって助かるが、日照不足が逆に心配。

とりあえず、色落ちは、緩いが穂肥は、
すべて昨日完了、
8月のカメムシ防除までは草刈りが中心に!
変わらず腕、ひじあたりは、こわばり痛いが
なんとかあまり負荷にならないように作業をしている。

田圃は、溝切りをしたが、溝は
全く見当たらない。
いかに雨が、多い今シーズン。


とりあえず、まとまった雨で水不足解消。
恒例の溝切り作業に入りました。
株別れも始まり田圃は、一面緑となりはじめました。

田圃にこの時期、ひび割れか入るなんて
あり得ない。
やっと、梅雨入り
午後からは、そこそこふって安堵のため息!
この先も思いやられる。

機械で植える予定の場所は、週はじめ
終了予定だったが、急遽、苗が余ったら植えてほしい
場所の依頼があり残り少し。
草もみるみる伸びてこりゃまた、追い付かず大変。
師匠も年には勝てず、深いたんぼには入らず、それでも、
現役田植え職人!

今年も、へしょって、へしょって、野良仕事、兼業農家続行!早く
年金ください。

このページのトップヘ

見出し画像
×